PvPoke 日本語版

Stats for unreleased Mega Evolutions are speculative. Don't invest any resources until they're officially released.

通常技の仕組み

更新:2019年10月9日

2019年10月9日 - ポケモンGO バージョン 0.157.0アップデートから、通常技の選択方法が変わりました!この記事とバトルシミュレーターはこの変更を反映し、更新されています。

通常技のダメージやエネルギーチャージは、具体的にどのような仕組みになっているのでしょうか?この記事では通常技の仕組みと、それがトレーナーバトルに与える影響について解説します。

FlarkeFiasco氏、GarretK19383氏、TheMisterValor氏は、様々なケースの証拠映像を用意し、通常技の仕組みの謎を解く助けをしてくれました、ありがとうございました!これは非常に難解なパズルであり、彼らの助けがなければ解くことはできませんでした。

各項目にジャンプ:

  1. ターン
  2. 通常技の硬直時間
  3. 通常技の効果発生
  4. サンドボックスモード
  5. 0.157.0からの違い

ターン

トレーナーバトルはターン制で行われており、1ターン0.5秒です。1ターンの間に各ポケモンは、通常技、ゲージ技、交代のどれかを実行できます。通常技がどのようにターンを消費し、双方にどのように影響するのか見ていきましょう。

通常技の硬直時間

それぞれの通常技は「硬直時間」や「発動時間」と呼ばれる期間があり、一定のターン数動作が持続します。硬直時間が次の通常技発生までの時間です。下の時系列表は、異なる通常技の硬直時間を示したものです。それぞれの円が次の技の発生を示しています。(1.みずでっぽう、2.カウンター、3.エアスラッシュ、4.ねんりき、5.ボルトチェンジ)

見ての通り、硬直時間が短いほうが頻繁に攻撃できています。

通常技の効果発生

通常技を使った場合、すぐに相手にヒットするでしょうか?ほとんど場合で違います!バージョン0.157.0以降、通常技のダメージと、エネルギーチャージは、硬直時間の最後のターンに発生します。このため、次の技わざが発生したタイミングでは、その前の技のエネルギーが残っていることになります。このアップデートでは技の効果発生までの最短時間は変更されていませんが、効果発生のタイミングが保証されました(以前は、同じターンの中でさらに攻撃を発動する必要がありました)。

これにはどのような効果があるのでしょうか?下の表では、技の硬直時間、技の効果発生までに必要なターン数、技の例を示しています。1ターン技は即座に技の効果が発生します。

硬直時間 効果発生までのターン
1 0 みずでっぽう、りゅうのいぶき、むしくい
2 1 カウンター、つるのムチ、マッドショット
3 2 エアスラッシュ、ほのおのうず、あわ
4 3 ねんりき
5 4 ボルトチェンジ

実際にどのように見えるのでしょう?例では、円がタップにより技を入力した瞬間、四角で技がヒットした瞬間を表しています。

2ターン技 vs. 2ターン技

上記のミラー大戦では、お互いのポケモンの通常技の硬直時間は同じです。ダメージとエネルギーチャージは技の2ターン目に発生するので、通常技の使用とヒットは交互に起こります。

2ターン技 vs. 4ターン技

双方の通常技の硬直時間が偶数であれば、同様の展開になります。例えば、カウンター(2ターン)とねんりき(4ターン)は歩調をそろえて発生するので、ねんりきはいずれかのカウンターと同時に発生します。もしあなたがねんりきを選択している場合、0.157.0以前のように、さらにねんりきを発動する必要はなくなりました。

1ターン技 vs. 3ターン技

1ターン技のポケモンとの対戦では以前と同様で、これは1ターン技の効果発動は最速で、相手の通常技より常に先行するためです。

2ターン技 vs. 3ターン技

0.157.0以前は、2ターン技 vs. 3ターン技の動作は非常に複雑で、予測不可能でした。現在は、双方の通常技が一定間隔で発生しています。

サンドボックスモード

バトルシミュレーターでサンドボックスモードにすると、タイムライン上にグレーの丸いアイコン(タップアイコン)が表示され、上記で説明してきたように、双方のプレイヤーがいつ動作登録(わざ発動、交代)できるかが示されます。このタップアイコンは、通常技の硬直時間に合わせて一定間隔で表示されます。タップアイコンをクリックし、そのターンの操作を変更することができます

以下の操作から選ぶことができます:

  • 通常技 - 通常技を使います。この選択では通常技が発動、上記で解説したタイミングで効果が発生します。
  • ゲージ技 - ゲージ技を使います。ただし、このターンでユーザー側をKOする通常技が効果発動した場合、ゲージ技は失敗します。
  • 待つ - 選択したターンで何もしません。

0.157.0からの違い

最大の関心は、対戦がどのように変化したのかです。大きく勝敗が変わることがあるのか?ここではそれを解説します。

  • 今まで通常技1、2回や個体値といったわずかな差しかなかったバトルの結果が反転します。
  • 通常技のダメージの発生、エネルギーチャージのタイミングをより確実に知ることができるようになりました。3ターン技は、相手が1ターン技でも4ターン技でも同じようにふるまうようになりました。
  • ポケモンが過剰タップしなくなりましたが、これは相手も同様です。これによりほとんどのポケモンが等しく恩恵を受けます。3ターン技と、2ターン技・4ターン技の対戦では技の効果発生が不安定になっていたので、この対面は最も変化が大きいと思われます。