PvPoke 日本語版

Stats for unreleased Mega Evolutions are speculative. Don't invest any resources until they're officially released.

Mirror Cup:過去のメタを振り返る

2019年6月24日

最も公平なのは誰か?Mirror Cup(ミラーカップ)ではあなたとあなたのコミュニティが決めることができます!これまで毎月行われてきた各テーマのカップから選ぶことができます。しかし、それらのカップから環境は変化しています。新しいポケモンやわざが追加され、全く違うメタ(上位、頻出)があるかもしれません。各カップのバランス、使いやすさ、開催以降の変化も含めて評価していますので、あなたのコミュニティでどのカップを採用するのか決める参考にしてください。

各セクションにジャンプ:

  1. Boulder Cup
  2. Twilight Cup
  3. Tempest Cup
  4. Kingdom Cup
  5. Season 1 Regionals
  6. Nightmare Cup
  7. Rainbow Cup
  8. Jungle Cup
  9. Choosing Your Cup

Boulder Cup

タイプ: はがね, じめん, かくとう, いわ
バランス:  ★ ☆ ☆ ☆
使いやすさ:  ★ ★ ☆ ☆
変化:  ★ ★ ☆ ☆
重要な変化:

  • より使いやすいエアームドのカウンターポケモン登場
  • グロウパンチのチャーレムは、エアームドと互角に戦い、シールド2枚なら勝つことができる
  • ハイドロカノンのラグラージがみず・じめんタイプの選択肢に追加
  • 「ねんりき」を使うポケモンが新たに登場

地味なスタートとなってしまいました!Boulder Cupを覚えている人は、エアームド2体の脅威を覚えていることでしょう。これは不可能になりましたが、エアームドは現在でも上位の存在で、有利な対戦が数多くあります。エアームドに対抗するには、メルメタルを育てるか、レアコイルやハガネールを使うことになりますが、現在ではダイノーズやジバコイルも選択可能です。トリデプスも候補ですが、この場合、チャーレムやみず・じめんタイプに不利になります。

チャーレムは以前から強力でしたが、当時はグロウパンチはありませんでした。現在のチャーレムはシールド2枚の条件でバトルシミュレートすると、負ける対面は3つのみと、強力すぎます。3つの対面はドダイトス、「あまえる」のエルレイド、「あまえる」のドンファンです。「あまえる」はチャーレムに対抗する唯一の方法ですが、はがねタイプの多い環境ではリスクが高いです。

みず・じめんカテゴリーでは以前から、ヌマクロー、ナマズンが人気で、環境全体で有利な相手が多くエアームドのボディーガードとして機能していました。しかし、「ハイドロカノン」のラグラージがそのポジションに入り、エアームドとも互角に渡り合えるようになりました。しかし、ナマズンの耐久力、くさタイプのカウンターになる「ふぶき」が有効なこともあるでしょう。

ドータクン、エルレイド、ジラーチといった新たな「ねんりき」の使い手も登場し、環境は変わっています。それらのポケモンも優れた能力を持っており、ドダイトス、チャーレムと渡り合えます。エルレイドはくさタイプをサポートでき(エアームドに対処するにはバックアップが必要)、ドータクン、ジラーチはエアームドと互角に渡り合い、はがねタイプなのでくさタイプに対抗できます。これら新戦力のおかげで、キノガッサの出番はなくなるでしょう。

Twilight Cup

タイプ: あく, ゴースト, フェアリー, どく
バランス:  ★ ★ ★ ★
使いやすさ:  ★ ★ ☆ ☆
変化:  ★ ★ ☆ ☆
重要な変化:

  • アシッドボムは全員が要注意
  • トゲチックは念願の「あまえる」のトゲキッスに
  • 「だいちのちから」でニドクインが強化

Twilight Cup の環境は見慣れたもので、あまり変化もありません。ただ、以前からいるポケモンに新しいわざが追加されているものがいます。Twilight Cupではステータスブースト(バフ)の人気が高まっており、「ぎんいろのかぜ」が流行しました。今回は「アシッドボム」がそれに加わり、環境全体に影響を与えています。ドククラゲはシールド誘発ができるようになったのでより強力になり、ベトベトン(アローラ)のヒットアンドアウェイで、あく/どくカテゴリで強力です。「アシッドボム」は「はっぱカッター」や「あまえる」と組み合わせると壊滅的なダメージを与えることもできます。「アシッドボム」はハリーセンも使うことができますが、特に初手の場合、マリルリ対策として「ヘドロウェーブ」のほうが良いかもしれません。

Twilight Cup ではフェアリータイプの通常技が待ち望まれていましたが、トゲキッスによって実現しました。トゲキッスはゴルバット、モルフォン、フシギバナに対抗する技があります。「あまえる」はTwilight Cupの定番であるドクロッグにも有効です(ヘドロばくだんには注意)。いわ、こおりの弱点を避けるならグランブルとサーナイトも候補になりますが、それぞれの弱点もあります。「あまえる」を使うポケモンはあくタイプに有利なので、ゴルバットやモルフォンといった従来のドクロッグのカウンターの代わりにもなります。自分のパーティとカバー要員をよく考えましょう!

最後に、ニドクインはドクロッグなしで編成する場合の代替要員でしたが、「だいちのちから」を覚えたことでより強力になりました。シールドを消費させる役割も果たせ、「ストーンエッジ」によるカバーは価値が高いです。検討しても良いでしょう。

Tempest Cup

タイプ: ひこう, じめん, こおり, でんき
バランス:  ★ ★ ★ ☆
使いやすさ:  ★ ★ ☆ ☆
変化:  ★ ☆ ☆ ☆
重要な変化:

  • 「ハイドロカノン」ラグラージが猛威

Tempest Cup は皆さんが覚えている通り。ランターンが暴れ、ラプラスがユキノオーとトロピウスの後ろに隠れ、エアームドがそれらをエネルギー充填に利用します。そして現在の環境では、Boulder Cup同様、「ハイドロカノン」のラグラージがほかのじめんタイプを圧倒します。ラグラージは以前の上位であるヌオー、ナマズンに勝つことができ、エアームドと同等に戦えます。ナマズンは終盤の「ふぶき」に期待するなら利用価値はあります。

対面に変わりはありませんが、現在は多くの人がシャドウラプラスを持っているので、トドクラーより登場回数は多いかもしれません。

Kingdom Cup

タイプ: こおり, ほのお, はがね, ドラゴン
バランス:  ★ ★ ☆ ☆
使いやすさ:  ★ ☆ ☆ ☆
変化:  ★ ☆ ☆ ☆
重要な変化:

  • バシャーモが高速化
  • ダイノーズは手軽に使えるトリデプスの代替
  • ドータクンは、これまでの勝敗のはっきりしない対面が減り、有利な対面が増加

悪名高い BALLコア (Bastiodon=トリデプス, Altaria=チルタリス, Lucario=ルカリオ, Lapras=ラプラス)は健在ですが、覆せるワイルドカードはいくつかあります。バシャーモはコアの3/4に対して勝てる、もしくは同等に戦え、現在は「ブレイズキック」も使えます。以前はゲージ技を1回使うにもエネルギー充填の立ち回りが必要でしたが、現在のバシャーモは、十分にダメージを与えつつ、シールド誘発にも使えます。「ブレイズキック」と「ブラストバーン」の組合せは強力ですが、チルタリスに阻まれてしまいます。「ブレイブバード」なら大きなニュートラルダメージを与えることができ、「きあいだま」は終盤のラプラス、トリデプスへの大ダメージ技として非常に優れています。

従来のKingdom Cupsの問題点は、強力なポケモンの入手が困難なことでした。トリデプスの「発掘」は大変な作業です。そんなトリデプスの代わりとして使えるダイノーズが登場しました。これまでもハガネール、ドータクンがいましたが、トリデプスの穴を埋めることができませんでした。ダイノーズはトリデプスとほぼ同等で、コストも低く済みます。

ドータクンはユニークな対面があり、面白い選択でしたが、安定性にかけました。それが「サイコショック」の連発で、シールド1枚のシナリオならラプラスを安定して倒せるようになりました。チルタリスでも「サイコショック」により接戦に持ち込めます。ルカリオには「ヘビーボンバー」より「サイコショック」が有利です。(「ねんりき」で ブレイクポイント も狙えます)

Season 1 Regionals

タイプ: いわ, じめん, かくとう, こおり, ほのお, はがね, どらごん, どく, あく, フェアリー, ゴースト, ひこう, でんき
バランス:  ★ ★ ★ ☆
使いやすさ:  ★ ★ ☆ ☆
変化:  ★ ★ ★ ☆
重要な変化:

  • ジラーチ登場
  • ラグラージ、じめんタイプ利用者増加
  • 「あまえる」が有効

通常のスーパーリーグと同様、Season 1 Regionalsのメタは「あまえる」の登場で大きく変わるかもしれません。チャーレム、ヤミラミは不利が増えました。「あまえる」の影響の大きさはまだわかりませんが、今までになかったカバーの選択肢が生まれます。プクリンとピクシーが「あまえる」の最有力候補で、プクリンはゴーストへの耐性を持ち、ピクシーにはコメットパンチがあります。これにより、エアームドの価値が高まり、チルタリスの利用場面はなくなります。エアームドがない場合、トリデプスやダイノーズも「あまえる」対策に有効です。

どくタイプのポテンシャルが高まる中、ジラーチは環境全体で有利な対戦が多い、上位ポケモンとなります。以前は「ねんりき」を使える、スリーパーとエルレイドが人気でしたが、ジラーチはこの2体とは少し異なり期待が持てます。前回は、みず・じめんタイプのポケモンを選ぶ人は少なかったですが、今回はラグラージがいるため、注意が必要です。

もっと分析したほうが良いと思いますが、地域別/オープンフォーマットは解明が難しいので、どのような結果になるのか楽しみです。

Nightmare Cup

タイプ: かくとう, あく, エスパー
追加ルール: 禁止:ヤミラミ, チャーレム, 伝説・まぼろしポケモン
バランス:  ★ ☆ ☆ ☆
使いやすさ:  ★ ★ ☆ ☆
変化:  ★ ★ ★ ★
重要な変化:

  • 「あまえる」のサーナイトがすべてを破壊
  • あくタイプ2体は危険!
  • ルカリオはドクロッグを超えるポテンシャル

ヤルキモノが最強だと思っている人は注意が必要です。「あまえる」のサーナイトは、シールド1枚のシナリオで勝率91%、シールド2枚なら勝率92%と驚異的です(バトルシミュレートの結果)。「マジカルシャイン」、「シャドーボール」を使えば、相手のシールドを削り、一発逆転も可能で、相手を窮地に追い込みます。「あまえる」のサーナイトは環境のほぼすべてを駆逐する力があります。

サーナイトに勝つにはどうすればよいでしょうか?「ねんりき」か「だましうち」のドータクンがベストで、ついでメタグロス、メタングが有効です。「ねんりき」ドータクンは、ドクロッグやルカリオとの相性が非常によい利点もあります。「だましうち」はメタグロス、メタングに有利になるので、どこをカバーすべきか考えておく必要があります。あく・どくタイプはサーナイトと渡り合え、個体値によっては勝利の可能性もあります。「かみつく」ドラピオンは最も相性が良いです。

ただ、これらのポケモンはブラッキーやラッタ(アローラ)といったあくタイプの定番に負けてしまいます。かくとうタイプのポケモンはサーナイトのカウンター、サーナイトのカウンターへの対策、カウンターのカウンターへの対策として有効です。ルカリオは、ドータクンを互角に戦え、どくとはがねへの耐性から、ドクロッグより人気があるようです。ドクロッグも活躍の可能性はありますが、従来のかくとう・あく・エスパーの構成が崩れたので、以前よりは厳しいかもしれません。

その他の候補はどうでしょう?スリーパーは「ほのおのパンチ」「シャドーボール」によって上位ポケモンに対抗する力があります。ただしサーナイトは「あまえる」のダメージでスリーパーを倒せますし、スリーパーはエネルギーアドバンテージがないと「ほのおのパンチ」+「シャドーボール」も、「シャドーボール」+「シャドーボール」もできないので注意が必要です。

ネイティオ、ライチュウ(アローラ)も同様で、強いのですがサーナイトやはがねタイプ、あく/どくタイプといった新しい上位ポケモンの多くに負けてしまいます。「シャドーボール」のルカリオの相手は大変危険です。ダーテングも不安定になりました。

最後に、ミカルゲはどうでしょう?「あまえる」はあくタイプの脅威なので、ミカエルゲの活躍はかなり難しいです。ドータクンとルカリオの強力なペアを倒すのには役に立つかもしれません(同様にネンドールの可能性も考えられます)。

Rainbow Cup

タイプ: みず, くさ, でんき, むし, ほのお
追加ルール: 第 1 & 2 世代のみ、アローラなし
バランス:  ★ ★ ★ ☆
使いやすさ:  ★ ★ ☆ ☆
変化:  ★ ☆ ☆ ☆
重要な変化:

  • 「あまえる」ライチュウ

ここには大きな変化はありません。唯一の変化は、ライチュウが「あまえる」を覚えたことですが、ライチュウは耐久力が低く、タイプ一致ボーナスもなく、「あまえる」のターゲットとなる相手もいません。いつも通り、フォレトス、リザードン、フシギバナが回転し活躍すします(私は「じしん」推しです)。

Jungle Cup

タイプ: ノーマル, むし, でんき, くさ
追加ルール: 禁止:トロピウスおよび、ミノムッチ・ミノマダムの全体
バランス:  ★ ★ ☆ ☆
使いやすさ:  ★ ★ ★ ★
変化:  ☆ ☆ ☆ ☆
重要な変化:

  • 「ひっかく」のヤルキモノが脅威

ヤルキモノが有利な環境ですが、2か月連続で使用しますか?もしあなたがトーナメントに参加し始めたところなら、メタを学びやすく、コアとなるポケモンも入手しやすいJungle Cupはスタートとしておすすめです。

カップを選ぼう!

コミュニティリーダーとして、どのカップを選ぶべきか悩んでいますか?いくつかのヒントと提案を紹介します。

  • もしくは興味のあるカップについて投票、もしくは尋ねましょう。
  • 早めに決めて、コミュニティで練習、準備の時間をとることができます。
  • 新人、ベテランともに新しいパーティを作れるよう、現環境でどのメタポケモンが入手しやすいか考えましょう。
  • それぞれのカップで試合をしてみて、どこが一番楽しいかを確認しましょう。

楽しいバトルを!幸運を祈ります。