PvPoke 日本語版

Stats for unreleased Mega Evolutions are speculative. Don't invest any resources until they're officially released.

ランキングデータの見方 ver. 1.22アップデートと機能解説

2021年5月8日更新

ランキング の機能が大幅に更新されました。より見やすく、わかりやすい表記になりました。その他、パーティを考える上でヒントになる情報がさらに追加されたので、条件にぴったりのポケモンを探しやすくなりました。

サイト全体では、XL強化のポケモンがデフォルトで表示されるようになったのに伴い、ポケモンの選択肢、ランキングの表示が変更されています。

各項目にジャンプ:

  1. レーダーチャートとステータス
  2. 特性
  3. わざの特長とステータス
  4. タイプと似ているポケモン

レーダーチャートとステータス

数字だけで記載していた性能の表示に、レーダーチャートとグラフが加わり、見やすくなりました。

性能のレーダーチャート

PvPokeでポケモンの性能評価に用いる指数、「初手・交代要員・チャージャー・クローザー・安定性・アタッカー」がレーダーチャートで表されます。これにより、どの役割が得意・不得意なのかわかりやすくなりました。

また、レーダーチャートの形が似ていれば、役割も似ていることになるので、パーティ構成の参考としても使いやすくなりました。

ステータスのグラフと詳細

ステータスは棒グラフで描かれるようになりました。また、GOバトルリーグで推奨の強さにするためにアメXlが必要かどうかも確認できます。

特性

「特性」はPvPoke独自の指標の一つです。これは種族の特長、わざの特長などを総合的に見たときに、そのポケモンに見られる特長です。それぞれの「特性」をクリックするとそれぞれの特性の詳細が確認できます。

特性にはプラスとマイナスがあり、基本的にはプラスが多くマイナスが少ないポケモンが有利です。ただし、グラスキャノンのように、「当たれば大きい」特性もあります。

特性の名称は、できるだけわかりやすい日本語にしていますが、どうしても日本語で表現できない物はそのままカタカナで表現しています。各特性の意味・解説は、ランキングでそれぞれの「特性」をクリックすることで確認できます。

プラスの特性

  • EX高耐久力:耐久力が非常に高く、複数の攻撃に耐えられます。
  • 高耐久力:耐久力があります
  • 高回転:ゲージ技が早く打てます
  • 高機動力:技の硬直時間が短く、確実にゲージ技を使用できます。
  • フレキシブル:様々なタイプに有効です。
  • ダイナミック:エネルギーが充填された状態でパフォーマンスを発揮、ダイナミックな対戦が可能です。
  • 通常技プレッシャー高:通常技のダメージが高いです。交代のプレッシャーになり、シールドに関係なくダメージも与えられます。
  • シールドプレッシャー高:高い威力、もしくは早く打てるゲージ技で相手にシールドのプレッシャーを与えます。
  • 耐性多い:複数のタイプの攻撃に耐えられます。
  • 推進力:技の効果により試合を有利に進め、パーティに力を与えます。

マイナスの特性

  • グラスキャノン:ゲージ技が当たれば強いですが、当てるまでが苦労します。シールド必要。
  • グラス:ゲージ技を当てるまでが大変で、シールドが必要です。
  • 低耐久力:耐久力が低く、ゲージ技を当てるのも大変かもしれません。
  • 低回転:ゲージ技を打つのに時間がかかります
  • 低機動力:技の硬直時間が長く、ゲージ技を使用できない場合があります。
  • 非フレキシブル:複数のタイプを相手にするのは難しい場合があります。
  • 通常技プレッシャー低:通常技のダメージが低いです。体力の少ない相手を倒すのに苦労するかもしれません。
  • シールドプレッシャー低:低い威力や、打つのに時間のかかるゲージ技のため、相手のシールドを引き出すのに苦労するかもしれません。
  • 弱点多い:複数のタイプの技で効果ばつぐんのダメージを受けます。
  • 二重弱点:二重弱点ですぐにKOされる危険性があります。
  • カオス:技の効果により試合をひっくり返す可能性がありますが、運まかせです。
  • テクニカル:複雑な技を使うため、使いこなすのには時間がかかります。
  • 不安定:相手のシールドを誘発させる必要があり、不安定です

わざの特長とステータス

「特性」と同様、わざにもそれぞれの特長が記載されるようになりました。ブースト(バフ)、デバフといった効果だけでなく、早く発動できる「高回転」、威力の高い「高威力」、弱点を補い対応範囲を広げてくれる「カバー」、避けたほうが良い「低品質」など、そのポケモンの他の特長と総合で判断されます。

また「わざのステータスを表示」をクリックするとターン数、通常技の威力(DPT)、チャージ量(EPT)、ゲージ技の威力、使用エネルギー、DPEといった、わざの詳細データが表示されます。

推奨のわざは、各わざの左端に黒い線で示されています。

タイプと似ているポケモン

タイプ・弱点・耐性

タイプ、弱点、耐性の表示は、ほぼ変更ありません。

相棒距離・わざ開放

相棒としていっしょに歩いたときにアメをもらえる距離、サードアタック(2つ目のゲージ技)解放に必要なほしのすなの量が表示されるようになりました。PvPに限らず、ポケモンの必要な情報がほぼこのランキングで取得できます。

似ているポケモン

新しい情報として「似ているポケモン」が表示されるようになりました。ポケモンが手持ちにいないとき、メンバーを変えたいけれど同じ役割のポケモンを探したい時に便利です。

各ポケモンのボタンをクリックすると、そのポケモンの詳細が表示されます。

数値や特性といった、一般的な情報だけでなく、それらを複合的に判断することで得られる指標が確認できるようになったことで、今まで以上に「自分にぴったりのパーティ」を作りやすくなりました(PvPoke内部では、バトルトレーニング用のAIの判断材料として、以前から独自の指標が多数使われています)。

相棒距離など、基本的な情報も漏れなく確認できるようになったので、PvPokeを見れば欲しい情報がそろう”ワンストップソリューション”に近づきました。今後もより使いやすくなりますので、ご期待ください。